交通事故賢い示談交渉の進め方

交通事故に遭って、通院しなければいけない病院

HOME交通事故に遭って、通院しなければいけない病院


交通事故に遭って、通院しなければいけない病院

警察に報告をし、交通事故扱いにしてもらい、相手の入っている保険会社の情報を聞き、その際に身体に痛みがあるという場合は、そのまま病院に行き、『交通事故に遭ってケガをしましたので、診察をお願いします。』と、病院の先生に伝えます。

交通事故の場合ですと、まず骨に異常が無いかどうかをレントゲン撮影をしたり、交通事故において首の頚椎捻挫(いわゆるムチウチ)や、腰部挫傷といった症状が多いので整形外科で診察を受けるのがベストだと思います。

内科などは、あくまで出血や体の内蔵などの診察になりますので、交通事故で出血や内蔵が痛むなどあれば行く必要性はありますが、基本的には整形外科で診察を受けるようにして下さい。

整形外科で初期診断の結果、完治予定をだいたい2週間などと書かれることが多いのですが、2週間経ったら、通院を辞めてください、というわけではありませんのでご安心下さい。

そのような結果が書かれても、治らないケースはほとんどですので通院をそのままする事になります。

それからたまにこういう質問をされるので、先に言っておきますが通院をする際に、整形外科ではなくて、接骨院ではダメですか?と聞かれることが多いのですが、整形外科の先生より、毎日通院しなくていいから整骨院に通いなさい、と紹介状を出されたのであれば問題ありませんが、最初から接骨院にいって、相手の保険会社から、示談交渉時に慰謝料の減額をうけることがありますのでやめた方が良いです。

それはなぜかと言いますと、医師の資格を持っていないからです。

例えばあなたが後遺症害に認定されるような症状を持っている場合、整骨院の先生では、レントゲンやMRIなどを撮る資格も持っておりませんし、後遺障害診断書を書く事も出来ないからです。

その診断書を、相手の自賠責保険会社に提出しない限り、後遺障害認定はされませんので、注意して下さい。

68万円→289万円に慰謝料を増やした究極の慰謝料交渉術

 



 メニュー

交通事故で慰謝料を増やす慰謝料交渉術

交通事故に遭った際に取るべき行動(1)

交通事故に遭った際に取るべき行動(2)

交通事故に遭って、通院しなければいけない病院

自賠責保険と任意保険の違いについて

慰謝料の計算方法(1)

慰謝料の計算方法(2)

交通事故の慰謝料と 示談交渉マニュアル

交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!
レントゲンMRIにも写らないのに12級逸失利益満額取った方法

交通事故 慰謝料を最大化させる示談交渉術
もう、保険会社には負けない!

示談交渉を勝ち取れ!裏技慰謝料計算!

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用
「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル



HOME / サイトマップ

サイト運営:INFO GRAND (インフォグランド)

Copyright (C) 交通事故賢い示談交渉の進め方. All Rights Reserved.