交通事故賢い示談交渉の進め方

自賠責保険と任意保険の違いについて

HOME自賠責保険と任意保険の違いについて


自賠責保険と任意保険の違いについて

なかなか保険の違いを理解していない方が非常に多いので、今回はこのテーマにしたのですが、とても大事なお話になりますので注意深く読んで下さい。

まず、自賠責保険の内容になりますが、自動車を運転する人が、自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づいて強制的に入らなければならない保険のことを言います。

人身事故による損害を保障するためのものであり、その保障内容としましたら、最低限の保障になっていることを覚えてください。

簡単に自賠責保険の内容をお話しますと、

・被害者の過失が7割超えないと過失割合に関係なく慰謝料請求できます
・被害者が亡くなられた場合、被害者の遺族に対して3000万円の保障額がでます
・障害の保障額は、事故一人に対して120万円としております
(例えば、交通事故の被害者の車に二人乗っていた場合、二人共120万円の保障が受けられます)
・人身のみの保障で、車両に対する保障は含まれません
・後遺障害慰謝料が各等級に対して支払われます。
(ムチウチなどの症状で、12級か14級の後遺障害慰謝料が支払われます)
・示談代行サービスはついておりません

続いて、任意保険ですが、簡単に言いますと、自賠責保険では支払いが足りない部分を補填する保険の事を言います。

つまり、慰謝料や治療費が120万円を超えた部分は任意保険がその足りない部分を補填して支払わうこととなります。

任意保険の内容としましては

・上記で説明しました賠償保険
・車両保険も付いております
・障害保険が付いております(被害者本人を保障する保険)

自損事故保険、無保険者障害保険、搭乗者障害保険
この3つが保険内容になりますので、各自しっかり覚えてください。

最後に補足になりますが、交通事故において、相手の任意保険会社は上記の内容で、自賠責基準での慰謝料提示をしてくることが非常に多いです。

自陪責基準と言いますのは、最低限の慰謝料で示談させようとしてくる内容を言います。

要するに、相手の保険会社がこれだけの慰謝料を払いますから示談をお願いしますと言ってくる内容は、自賠責保険の障害保障の中の120万円の中で、治療費も含めた内容で示談させようと目論んでいます。

要するに、相手の保険会社は1円も支払うことなく示談させようとしてくるというわけです。

この話を聞いて、恐ろしいと思いませんか?

これを知っているのと、知らないとでは今後の交渉において、随分と被害者の意識が変わると思います。

68万円→289万円に慰謝料を増やした究極の慰謝料交渉術




 メニュー

交通事故で慰謝料を増やす慰謝料交渉術

交通事故に遭った際に取るべき行動(1)

交通事故に遭った際に取るべき行動(2)

交通事故に遭って、通院しなければいけない病院

自賠責保険と任意保険の違いについて

慰謝料の計算方法(1)

慰謝料の計算方法(2)

交通事故の慰謝料と 示談交渉マニュアル

交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版!
レントゲンMRIにも写らないのに12級逸失利益満額取った方法

交通事故 慰謝料を最大化させる示談交渉術
もう、保険会社には負けない!

示談交渉を勝ち取れ!裏技慰謝料計算!

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用
「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

示談交渉を勝利に導いた経験者が暴露する、
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル



HOME / サイトマップ

サイト運営:INFO GRAND (インフォグランド)

Copyright (C) 交通事故賢い示談交渉の進め方. All Rights Reserved.